ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_SHARED_POOL_ADVICE

DBA_HIST_SHARED_POOL_ADVICEは、様々なサイズの共有プール内での見積り解析時間に関する履歴情報を示します。このビューには、V$SHARED_POOL_ADVICEのスナップショットが含まれています。

データ型 NULL 説明
SNAP_ID NUMBER NOT NULL 一意のスナップショットID
DBID NUMBER NOT NULL スナップショットのデータベースID
INSTANCE_NUMBER NUMBER NOT NULL スナップショットのインスタンス番号
SHARED_POOL_SIZE_FOR_ESTIMATE NUMBER NOT NULL 見積り用の共有プール・サイズ(MB)
SHARED_POOL_SIZE_FACTOR NUMBER 現行の共有プール・サイズに対するサイズ要因
ESTD_LC_SIZE NUMBER ライブラリ・キャッシュに使用中のメモリー見積り(MB)
ESTD_LC_MEMORY_OBJECTS NUMBER 指定したサイズの共有プールに格納されるライブラリ・キャッシュ・メモリー・オブジェクトの見積り数
ESTD_LC_TIME_SAVED NUMBER 指定したサイズの共有プール内で検出されるライブラリ・キャッシュ・メモリー・オブジェクトによる、解析経過時間の短縮見積り(秒)。この時間は、使用可能な空きメモリーの不足によってメモリーから消去された必要なオブジェクトを、共有プールに再ロードするのに要する時間に相当する。
ESTD_LC_TIME_SAVED_FACTOR NUMBER 現行の共有プール・サイズに対する解析時間の見積り短縮要因
ESTD_LC_LOAD_TIME NUMBER 指定したサイズの共有プール内で解析を行う場合の経過時間の見積り(秒)
ESTD_LC_LOAD_TIME_FACTOR NUMBER 現行の共有プール・サイズに対するロード時間の見積り要因
ESTD_LC_MEMORY_OBJECT_HITS NUMBER 指定したサイズの共有プール内でライブラリ・キャッシュ・メモリー・オブジェクトが検出された回数の見積り
CON_DBID NUMBER
サンプリングされたセッションのPDBのデータベースID
CON_ID NUMBER
CON_DBIDで識別されるコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID