ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_SNAPSHOT

DBA_HIST_SNAPSHOTは、ワークロード・リポジトリ内のスナップショットに関する情報を示します。

データ型 NULL 説明
SNAP_ID NUMBER NOT NULL 一意のスナップショットID
DBID NUMBER NOT NULL スナップショットのデータベースID
INSTANCE_NUMBER NUMBER NOT NULL スナップショットのインスタンス番号
STARTUP_TIME TIMESTAMP(3) NOT NULL インスタンスの起動時間
BEGIN_INTERVAL_TIME TIMESTAMP(3) NOT NULL スナップショット時間間隔の開始時
END_INTERVAL_TIME TIMESTAMP(3) NOT NULL スナップショット時間間隔の終了時(実際にスナップショットが取得された時間)
FLUSH_ELAPSED INTERVAL DAY(5) TO SECOND(1) スナップショットの実行時間
SNAP_LEVEL NUMBER スナップショット・レベル
ERROR_COUNT NUMBER 特定のスナップショットの表で発生したエラー数
SNAP_FLAG NUMBER
スナップショットが挿入された条件。表示される値:

1 - PL/SQL パッケージを使用して作成された手動のスナップショット

2 - インポートされたスナップショット

4 - Diagnostic PackまたはTuning Packが無効になっている間に取得されたスナップショット

SNAP_TIMEZONE INTERVAL DAY(0) TO SECOND(0)
UTC(協定世界時)タイム・ゾーンからのオフセットとして表現されたスナップショットのタイム・ゾーン
CON_ID NUMBER
データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID