ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_SQL_WORKAREA_HSTGRM

DBA_HIST_SQL_WORKAREA_HSTGRMは、様々な作業領域グループについて、インスタンスの起動以後に累積された作業領域の実行統計の履歴を示します。このビューには、V$SQL_WORKAREA_HISTOGRAMのスナップショットが含まれています。

データ型 NULL 説明
SNAP_ID NUMBER NOT NULL 一意のスナップショットID
DBID NUMBER NOT NULL スナップショットのデータベースID
INSTANCE_NUMBER NUMBER NOT NULL スナップショットのインスタンス番号
LOW_OPTIMAL_SIZE NUMBER NOT NULL この行に含まれる作業領域の最適メモリー要件の下限(バイト)
HIGH_OPTIMAL_SIZE NUMBER NOT NULL この行に含まれる作業領域の最適メモリー要件の上限(バイト)
OPTIMAL_EXECUTIONS NUMBER インスタンスの起動後に最適モードで実行された、LOW_OPTIMAL_SIZEからHIGH_OPTIMAL_SIZEで構成される最適メモリー要件を持つ作業領域の数
ONEPASS_EXECUTIONS NUMBER インスタンスの起動後にワン・パス・モードで実行された、LOW_OPTIMAL_SIZEからHIGH_OPTIMAL_SIZEで構成される最適メモリー要件を持つ作業領域の数
MULTIPASSES_EXECUTIONS NUMBER インスタンスの起動後にマルチパス・モードで実行された、LOW_OPTIMAL_SIZEからHIGH_OPTIMAL_SIZEで構成される最適メモリー要件を持つ作業領域の数
TOTAL_EXECUTIONS NUMBER OPTIMAL_EXECUTIONSONEPASS_EXECUTIONSおよびMULTIPASSES_EXECUTIONSの合計
CON_DBID NUMBER
サンプリングされたセッションのPDBのデータベースID
CON_ID NUMBER
CON_DBIDで識別されるコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID