ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_TABLESPACE_STAT

DBA_HIST_TABLESPACE_STATは、制御ファイルからの表領域情報を示します。このビューには、V$TABLESPACEおよびDBA_TABLESPACESのスナップショットが含まれています。

データ型 NULL 説明
SNAP_ID NUMBER NOT NULL 一意のスナップショットID
DBID NUMBER NOT NULL スナップショットのデータベースID
INSTANCE_NUMBER NUMBER NOT NULL スナップショットのインスタンス番号
TS# NUMBER NOT NULL 表領域番号
TSNAME VARCHAR2(30) 表領域名
CONTENTS VARCHAR2(9) 表領域の内容:
  • PERMANENT

  • TEMPORARY

STATUS VARCHAR2(9) 表領域の状態:
  • ONLINE

  • OFFLINE

  • READ ONLY

SEGMENT_SPACE_MANAGEMENT VARCHAR2(6) この表領域内のセグメントの空き領域と使用済領域を空きリストを使用して管理するか(MANUAL)、ビットマップを使用して管理するか(AUTO)
EXTENT_MANAGEMENT VARCHAR2(10) 表領域内のエクステントが、ディクショナリ管理表領域か(DICTIONARY)、ローカル管理表領域か(LOCAL)
IS_BACKUP VARCHAR2(5) 表領域がバックアップの一部であるかどうか
CON_DBID NUMBER
サンプリングされたセッションのPDBのデータベースID
CON_ID NUMBER
CON_DBIDで識別されるコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID