ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_WR_CONTROL

DBA_HIST_WR_CONTROLは、ワークロード・リポジトリについての制御情報を示します。

データ型 NULL 説明
DBID NUMBER NOT NULL データベースID
SNAP_INTERVAL INTERVAL DAY(5) TO SECOND(1) NOT NULL スナップショット時間間隔(スナップショットを自動的に取得する間隔)
RETENTION INTERVAL DAY(5) TO SECOND(1) NOT NULL スナップショットの保存に関する設定(スナップショットを保存しておく時間)
TOPNSQL VARCHAR2(10)
各SQL基準(経過時間、CPU時間、解析コール、共有可能メモリー、バージョン数)に対してフラッシュされた最上位SQLの数
CON_ID NUMBER
データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID