ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_OUTSTANDING_ALERTS

DBA_OUTSTANDING_ALERTSは、サーバーによって未解決とみなされているアラートを示します。

データ型 NULL 説明
SEQUENCE_ID NUMBER アラート順序番号
REASON_ID NUMBER NOT NULL アラート理由のID
OWNER VARCHAR2(128) アラートが発行されたオブジェクトの所有者
OBJECT_NAME VARCHAR2(513) オブジェクト名。
SUBOBJECT_NAME VARCHAR2(128) サブオブジェクト(パーティションなど)の名前
OBJECT_TYPE VARCHAR2(64) オブジェクト型(表、表領域など)
REASON VARCHAR2(4000) アラートの理由
TIME_SUGGESTED TIMESTAMP(6)WITH TIME ZONE 前回アラートが更新された時刻
CREATION_TIME TIMESTAMP(6)WITH TIME ZONE 最初のアラートが作成された時刻
SUGGESTED_ACTION VARCHAR2(4000) 推奨されるアクションについてのアドバイス
ADVISOR_NAME VARCHAR2(128) 詳細情報を入手するために起動するアドバイザの名前
METRIC_VALUE NUMBER 関連するメトリックの値
MESSAGE_TYPE VARCHAR2(12) メッセージのタイプ:
  • 通知

  • 警告

MESSAGE_GROUP VARCHAR2(64) アラートが属するメッセージ・グループの名前
MESSAGE_LEVEL NUMBER メッセージの重大度レベル(1から32)
HOSTING_CLIENT_ID VARCHAR2(64) アラートが関連するクライアントまたはセキュリティ・グループのID
MODULE_ID VARCHAR2(64) アラートの生成元となったモジュールのID
PROCESS_ID VARCHAR2(128) プロセスID
HOST_ID VARCHAR2(256) アラートの生成元ホストのDNSホスト名
HOST_NW_ADDR VARCHAR2(256) アラートの生成元ホストのIPアドレスまたは他のネットワーク・アドレス
INSTANCE_NAME VARCHAR2(16) アラートの生成元インスタンス名
INSTANCE_NUMBER NUMBER アラートの生成元インスタンスの番号
USER_ID VARCHAR2(128) ユーザーID
EXECUTION_CONTEXT_ID VARCHAR2(128) 実行コンテキストID
ERROR_INSTANCE_ID VARCHAR2(142) エラー・インスタンスのIDおよび順序番号
STATE_TRANSITION_NUMBER NUMBER
アラートの状態遷移の順序番号
PDB_NAME VARCHAR2(128)
PDB名
CON_ID NUMBER NOT NULL データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID