ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_WAITCLASSMET_HISTORY

DBA_HIST_WAITCLASSMET_HISTORYは、ワークロード・リポジトリで保存された待機イベント・クラスのメトリック・データの履歴を示します。

データ型 NULL 説明
SNAP_ID NUMBER NOT NULL 一意のスナップショットID
DBID NUMBER NOT NULL スナップショットのデータベースID
INSTANCE_NUMBER NUMBER NOT NULL スナップショットのインスタンス番号
WAIT_CLASS_ID NUMBER NOT NULL 待機イベントのクラスの識別子
WAIT_CLASS VARCHAR2(64) 待機イベントのクラスの名前
BEGIN_TIME DATE NOT NULL その間隔の開始時間
END_TIME DATE NOT NULL その間隔の終了時間
INTSIZE NUMBER NOT NULL 間隔の長さ(100分の1秒単位)
GROUP_ID NUMBER NOT NULL メトリック・グループID
AVERAGE_WAITER_COUNT NUMBER NOT NULL 待機しているユーザーの平均数
DBTIME_IN_WAIT NUMBER NOT NULL 待機に費やされたデータベース時間の割合
TIME_WAITED NUMBER NOT NULL 時間間隔中の待機時間(マイクロ秒)
WAIT_COUNT NUMBER NOT NULL 待機回数
TIME_WAITED_FG NUMBER
フォアグラウンド・セッションからの待機時間(1/100秒)
WAIT_COUNT_FG NUMBER
フォアグラウンド・セッションからの待機回数
CON_DBID NUMBER
サンプリングされたセッションのPDBのデータベースID
CON_ID NUMBER
CON_DBIDで識別されるコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID