ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_STREAMS_POOL_ADVICE

DBA_HIST_STREAMS_POOL_ADVICEは、収容されたメッセージまたは取り出されたメッセージの推定件数と、様々なStreamsプール・サイズに対して収容または取出しのアクティビティに費やされた時間に関する履歴情報を示します。このビューは、自動ワークロード・リポジトリ(AWR)で使用されます。

データ型 NULL 説明
SNAP_ID NUMBER NOT NULL 一意のスナップショットID
DBID NUMBER NOT NULL スナップショットのデータベースID
INSTANCE_NUMBER NUMBER NOT NULL スナップショットのインスタンス番号
SIZE_FOR_ESTIMATE NUMBER NOT NULL 見積り用のプール・サイズ(MB)
SIZE_FACTOR NUMBER 現行のプール・サイズに対するサイズ要因
ESTD_SPILL_COUNT NUMBER Streamsプールから収容されたメッセージの推定個数
ESTD_SPILL_TIME NUMBER 収容されるまでの推定経過時間(秒)
ESTD_UNSPILL_COUNT NUMBER 取出し(ディスクからの読込み)の推定回数
ESTD_UNSPILL_TIME NUMBER 取出しまでの推定経過時間(秒)
CON_DBID NUMBER
サンプリングされたセッションのPDBのデータベースID
CON_ID NUMBER
CON_DBIDで識別されるコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID