ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_BUFFERED_SUBSCRIBERS

DBA_HIST_BUFFERED_SUBSCRIBERSは、インスタンス内のすべてのバッファリングされたキューのサブスクライバに関する履歴情報を示します。

データ型 NULL 説明
SNAP_ID NUMBER NOT NULL 一意のスナップショットID
DBID NUMBER NOT NULL スナップショットのデータベースID
INSTANCE_NUMBER NUMBER NOT NULL スナップショットのインスタンス番号
QUEUE_SCHEMA VARCHAR2(128) NOT NULL キューの所有者
QUEUE_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL キューの名前
SUBSCRIBER_ID NUMBER NOT NULL 内部サブスクライバ番号(識別用)
SUBSCRIBER_NAME VARCHAR2(128) サブスクライバ名
SUBSCRIBER_ADDRESS VARCHAR2(1024) サブスクライブしているエージェントのアドレス
SUBSCRIBER_TYPE VARCHAR2(128) サブスクライバのタイプ:
  • PROXY - プロキシ・サブスクライバ

  • SUBSCRIBOR

STARTUP_TIME DATE NOT NULL インスタンスの起動時間
LAST_BROWSED_SEQ NUMBER サブスクライバに対して最後に参照されたメッセージの順序番号(V$STREAMS_APPLY_READERビュー内のメッセージ数に相当)
LAST_BROWSED_NUM NUMBER
サブスクライバに対して最後に参照されたメッセージの内部メッセージ番号
LAST_DEQUEUED_SEQ NUMBER
サブスクライバに対して最後にデキューされたメッセージの順序番号(V$STREAMS_APPLY_COORDINATORビュー内のメッセージ数に相当)
LAST_DEQUEUED_NUM NUMBER
サブスクライバに対して最後にデキューされたメッセージの内部メッセージ番号
CURRENT_ENQ_SEQ NUMBER
サブスクライバに対して最後にエンキューされたメッセージの現在の順序番号
NUM_MSGS NUMBER サブスクライバに対してバッファリングされたキューに現在エンキューされている未処理のメッセージの合計数(ディスクにオーバーフローしたメッセージの数を含む)
CNUM_MSGS NUMBER バッファリングされたキューの作成後、そのサブスクライバに対してエンキューされたメッセージの累積合計数
TOTAL_DEQUEUED_MSG NUMBER
サブスクライバによってデキューされたメッセージの合計数
TOTAL_SPILLED_MSG NUMBER サブスクライバに対して収容されたメッセージの合計数
EXPIRED_MSGS NUMBER
期限切れメッセージの数
MESSAGE_LAG NUMBER
サブスクライバのメッセージ遅延
ELAPSED_DEQUEUE_TIME NUMBER
デキューに費やされた合計時間(1/100秒)
DEQUEUE_CPU_TIME NUMBER
デキューの合計CPU時間(1/100秒)
LAST_DEQUEUE_TIME TIMESTAMP(3)
最後のメッセージのデキュー時間
OLDEST_MSGID RAW(16)
最も古いメッセージのメッセージID
OLDEST_MSG_ENQTM TIMESTAMP(3)
最も古いメッセージのエンキュー時間
CON_DBID NUMBER
サンプリングされたセッションのPDBのデータベースID
CON_ID NUMBER
CON_DBIDで識別されるコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID