ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_STREAMS_CAPTURE

DBA_HIST_STREAMS_CAPTUREは、各取得プロセスに関する情報を示します。このビューには、V$STREAMS_CAPTUREのスナップショットが含まれています。このビューは、自動ワークロード・リポジトリ(AWR)で使用されます。

データ型 NULL 説明
SNAP_ID NUMBER NOT NULL 一意のスナップショットID
DBID NUMBER NOT NULL スナップショットのデータベースID
INSTANCE_NUMBER NUMBER NOT NULL スナップショットのインスタンス番号
CAPTURE_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL 取得プロセスの名前。
STARTUP_TIME DATE NOT NULL 取得プロセスの前回の開始時刻
LAG NUMBER 最後に取得されたメッセージの作成から取得までの遅延(秒)
TOTAL_MESSAGES_CAPTURED NUMBER 取得プロセスの前回開始後に取得された変更の合計数
TOTAL_MESSAGES_ENQUEUED NUMBER 取得プロセスの前回の開始後にエンキューされたメッセージの合計数
ELAPSED_RULE_TIME NUMBER 取得プロセスが前回開始された後のルール評価中の経過時間(1/100秒)
ELAPSED_ENQUEUE_TIME NUMBER 取得プロセスが前回開始された後のメッセージのエンキュー中の経過時間(1/100秒)
ELAPSED_REDO_WAIT_TIME NUMBER WAITING FOR REDO状態にある取得プロセスが要した経過時間(1/100秒)
ELAPSED_PAUSE_TIME NUMBER 一時停止の経過時間
CON_DBID NUMBER
サンプリングされたセッションのPDBのデータベースID
CON_ID NUMBER
CON_DBIDで識別されるコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID



関連項目:

「V$STREAMS_CAPTURE」