ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_MEMORY_RESIZE_OPS

DBA_HIST_MEMORY_RESIZE_OPSは、メモリーのサイズ変更操作の履歴を示します。このビューには、V$MEMORY_RESIZE_OPSのスナップショットが含まれています。

データ型 NULL 説明
SNAP_ID NUMBER NOT NULL 一意のスナップショットID
DBID NUMBER NOT NULL スナップショットのデータベースID
INSTANCE_NUMBER NUMBER NOT NULL スナップショットのインスタンス番号
COMPONENT VARCHAR2(64) NOT NULL コンポーネント名
OPER_TYPE VARCHAR2(13) NOT NULL 操作のタイプ:
  • STATIC

  • INITIALIZING

  • DISABLED

  • GROW

  • SHRINK

  • SHRINK_CANCEL

START_TIME DATE NOT NULL 操作の開始時刻
END_TIME DATE NOT NULL 操作の終了時刻
TARGET_SIZE NUMBER NOT NULL サイズ変更後のパラメータに要求される値
OPER_MODE VARCHAR2(9) 操作モード:
  • MANUAL

  • DEFERRED

  • IMMEDIATE

PARAMETER VARCHAR2(80) サイズ変更操作のパラメータ名
INITIAL_SIZE NUMBER 操作の開始時のパラメータ値
FINAL_SIZE NUMBER サイズ変更後のパラメータの実際の値
STATUS VARCHAR2(9) 操作の完了状態:
  • INACTIVE

  • PENDING

  • COMPLETE

  • CANCELLED

  • ERROR

CON_DBID NUMBER
サンプリングされたセッションのPDBのデータベースID
CON_ID NUMBER
CON_DBIDで識別されるコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID