ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_COLORED_SQL

DBA_HIST_COLORED_SQLは、AWR SQLキャプチャのマークが付けられたSQL IDを示します。DBMS_WORKLOAD_REPOSITORY.ADD_COLORED_SQLプロシージャによってSQL文が色付けされている場合、AWRは常に、色付けされたSQL IDのSQL統計を取得します。SQL文の色付けは、DBMS_WORKLOAD_REPOSITORY.REMOVE_COLORED_SQLプロシージャによって解除できます。

データ型 NULL 説明
DBID NUMBER NOT NULL データベースID
SQL_ID VARCHAR2(13) NOT NULL 色付けされたSQL文のSQL ID
CREATE_TIME DATE NOT NULL SQL IDが色付けされた時刻
CON_ID NUMBER
データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID



関連項目:

DBMS_WORKLOAD_REPOSITORYパッケージの詳細は、『Oracle Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス』を参照してください。