ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_ADVISOR_SQLSTATS

DBA_ADVISOR_SQLSTATSは、アドバイザ分析中の様々なSQL計画のテスト実行について、その実行統計を示します。

関連ビュー

USER_ADVISOR_SQLSTATSは、アドバイザ分析中の様々なSQL計画のテスト実行について、現行のユーザーが所有する実行統計を示します。

データ型 NULL 説明
TASK_NAME VARCHAR2(128) SQL文が実行されたアドバイザ・タスク名(DBA_ADVISOR_TASKSを参照)
TASK_ID NUMBER(38) NOT NULL SQL文が実行されたアドバイザ・タスクID(DBA_ADVISOR_TASKSを参照)
EXECUTION_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL SQL文が実行されたアドバイザ・タスク実行(DBA_ADVISOR_EXECUTIONSを参照)
EXECUTION_TYPE VARCHAR2(128) SQL文が実行されたアドバイザ・タスク実行のタイプ(DBA_ADVISOR_EXECUTIONSを参照)
OBJECT_ID NUMBER(38) NOT NULL 関連するSQL文を識別するアドバイザ・オブジェクトID(DBA_ADVISOR_OBJECTSを参照)
PLAN_ID NUMBER NOT NULL 特定のSQL文に対して一意にプランを識別するために生成されるプランID番号(DBA_ADVISOR_SQLPLANSに対する外部キー)
SQL_ID VARCHAR2(13) NOT NULL 実行されたSQL文の識別子
PLAN_HASH_VALUE NUMBER NOT NULL SQL実行計画のハッシュ値。
ATTR1 NUMBER 予約済
CON_DBID NUMBER
プラガブル・データベース(PDB)のデータベースID
PARSE_TIME NUMBER SQL用に測定された解析時間(マイクロ秒)
ELAPSED_TIME NUMBER 解析後、SQLを実行してすべての行をフェッチするのに必要な経過時間(マイクロ秒)
CPU_TIME NUMBER 解析後、SQLを実行してすべての行をフェッチするのに必要な経過時間(マイクロ秒)
USER_IO_TIME NUMBER 解析後、SQLを実行してすべての行をフェッチするのに必要なI/O時間(マイクロ秒)
BUFFER_GETS NUMBER SQLを実行してすべての行をフェッチするために測定されるバッファ取得の数
DISK_READS NUMBER SQLを実行してすべての行をフェッチするために測定されるディスク読取り数
DIRECT_WRITES NUMBER SQLを実行してすべての行をフェッチするために測定される直接書込み数
PHYSICAL_READ_REQUESTS NUMBER 監視対象のSQLによって発行された物理読取りI/O要求の数
PHYSICAL_WRITE_REQUESTS NUMBER 監視対象のSQLによって発行された物理書込みI/O要求の数
PHYSICAL_READ_BYTES NUMBER 監視対象のSQLによってディスクから読み取られたバイト数
PHYSICAL_WRITE_BYTES NUMBER 監視対象のSQLによってディスクに書き込まれたバイト数
ROWS_PROCESSED NUMBER SQL実行によって戻される行数
FETCHES NUMBER SQL実行のフェッチ数
EXECUTIONS NUMBER SQLの実行数。この列の値は、常に1または0
END_OF_FETCH_COUNT NUMBER SQLがフェッチ終了時まで実行されたか(1)そうでないか(0)
OPTIMIZER_COST NUMBER 実行計画のオプティマイザ・コスト
OTHER CLOB 将来使用するために予約されています。
TESTEXEC_TOTAL_EXECS NUMBER テスト実行中の実行の合計数
IO_INTERCONNECT_BYTES NUMBER Oracle Databaseとストレージ・システムの間で交換されたI/Oのバイト数
TESTEXEC_FIRST_EXEC_IGNORED VARCHAR2(1) テスト実行の最初の実行が無視されるかどうか(Y | N)
CON_DBID NUMBER
PDBのデータベースID