ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_DISPATCHER

DBA_HIST_DISPATCHERは、スナップショット時に存在した各ディスパッチャ・プロセスの履歴情報を示します。このビューには、V$DISPATCHERおよびV$QUEUEの情報のスナップショットが含まれています。

データ型 NULL 説明
SNAP_ID NUMBER NOT NULL 一意のスナップショットID
DBID NUMBER NOT NULL スナップショットのデータベースID
INSTANCE_NUMBER NUMBER NOT NULL スナップショットのインスタンス番号
NAME VARCHAR2(4) NOT NULL ディスパッチャ・プロセス名
SERIAL# NUMBER ディスパッチャ・プロセスのシリアル番号
IDLE NUMBER ディスパッチャのアイドル合計時間(1/100秒)
BUSY NUMBER ディスパッチャのビジー合計時間(1/100秒)
WAIT NUMBER ディスパッチャ・キュー内の全項目の待機時間の合計(1/100秒)。1項目当たりの平均待機時間を算出するには、TOTALQで割る。
TOTALQ NUMBER これまでディスパッチャ・キューに入れられた項目の合計数
SAMPLED_TOTAL_CONN NUMBER すべてのサンプルを対象とした、ディスパッチャに対する接続の累積合計数。2つのスナップショット間のディスパッチャに対する接続の平均数は、SAMPLED_TOTAL_CONNの差をNUM_SAMPLESの差(DBA_HIST_SHARED_SERVER_SUMMARYから取得)で割って算出する。
CON_DBID NUMBER
サンプリングされたセッションのPDBのデータベースID
CON_ID NUMBER
CON_DBIDで識別されるコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID