ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_DYN_REMASTER_STATS

DBA_HIST_DYN_REMASTER_STATSは、動的再マスター化プロセスに関する履歴統計情報を示します。時間はすべて100分の1秒で表示され、合計値にはインスタンス起動後に収集された情報が反映されます。このビューには、V$DYNAMIC_REMASTER_STATSのスナップショットが含まれています。

データ型 NULL 説明
SNAP_ID NUMBER NOT NULL 一意のスナップショットID
DBID NUMBER NOT NULL スナップショットのデータベースID
INSTANCE_NUMBER NUMBER NOT NULL スナップショットのインスタンス番号
REMASTER_OPS NUMBER 動的再マスター化操作の合計数
REMASTER_TIME NUMBER 動的再マスター化の合計時間
REMASTERED_OBJECTS NUMBER アフィニティによって動的に再マスター化されたオブジェクトの合計数
QUIESCE_TIME NUMBER 静止ステップの合計時間
FREEZE_TIME NUMBER フリーズ・ステップの合計時間
CLEANUP_TIME NUMBER クリーンアップ・ステップの合計時間
REPLAY_TIME NUMBER 再実行ステップの合計時間
FIXWRITE_TIME NUMBER 固定書込みステップの合計時間
SYNC_TIME NUMBER 同期化ステップの合計時間
RESOURCES_CLEANED NUMBER クリーンアップ・ステップで処理が行われたリソースの合計数
REPLAYED_LOCKS_SENT NUMBER 再実行ステップで他のインスタンスに再実行されたロックの合計数
REPLAYED_LOCKS_RECEIVED NUMBER 再実行ステップで他のインスタンスから受け取ったロックの合計数
CURRENT_OBJECTS NUMBER アフィニティによって、このインスタンスで再マスター化されたオブジェクトの現在の数
CON_DBID NUMBER
サンプリングされたセッションのPDBのデータベースID
CON_ID NUMBER
CON_DBIDで識別されるコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID