ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_PDB_HISTORY

DBA_PDB_HISTORYは、PDBが属する系統を示します。

データ型 NULL 説明
PDB_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL 1つのインカネーションでの、このPDBの名前
PDB_ID NUMBER NOT NULL 1つのインカネーションでの、このPDBのコンテナID
PDB_DBID NUMBER NOT NULL 1つのインカネーションでの、このPDBのデータベースID
PDB_GUID RAW(16) NOT NULL 1つのインカネーションでの、このPDBのグローバルに一意のID
OP_SCNBAS NUMBER NOT NULL このPDBのインカネーションの1つに対して操作が実行された時点のSCNベース
OP_SCNWRP NUMBER NOT NULL このPDBのインカネーションの1つに対して操作が実行された時点のSCNラップ
OP_TIMESTAMP DATE NOT NULL このPDBのインカネーションの1つに対して操作が実行された時点のタイムスタンプ
OPERATION VARCHAR2(16) NOT NULL このPDBのインカネーションの1つに対して実行された操作
DB_VERSION NUMBER NOT NULL データベースのバージョン
CLONED_FROM_PDB_NAME VARCHAR2(128) このPDBのインカネーションの1つがクローン化された、元のPDBの名前
CLONED_FROM_PDB_DBID NUMBER このPDBのインカネーションの1つがクローン化された、元のPDBのデータベースID
CLONED_FROM_PDB_GUID RAW(16) このPDBのインカネーションの1つがクローン化された、元のPDBのグローバルに一意のID
DB_NAME VARCHAR2(128) このPDBのインカネーションの1つが作成された、CDBの名前
DB_UNIQUE_NAME VARCHAR2(128) このPDBのインカネーションの1つが作成された、CDBの一意の名前
DB_DBID NUMBER このPDBのインカネーションの1つが作成された、CDBのデータベースID
CLONETAG VARCHAR2(128)
PDBがスナップショット・コピー方式を使用してクローン化された場合の、PDBのクローン・タグ名