ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_SR_GRP_STATUS

DBA_SR_GRP_STATUSは、データベース内の、現在の同期リフレッシュ・グループに対する、現在のリフレッシュ操作に関する情報を示します。このビューの列は、DBA_SR_GRP_STATUS_ALLビューの列と同じです。

リフレッシュ操作は、DBMS_SYNC_REFRESHパッケージを使用して制御されます。

関連ビュー

USER_SR_GRP_STATUSは、現行のユーザーが所有するデータベース内の、現在の同期リフレッシュ・グループに対する、現在のリフレッシュ操作に関する情報を示します。このビューの列は、DBA_SR_GRP_STATUSの列と同じです。

データ型 NULL 説明
OWNER VARCHAR2(128) NOT NULL リフレッシュ操作の所有者(操作を起動したユーザー)
GROUP_ID NUMBER NOT NULL 同期リフレッシュ・グループのグループID
OPERATION VARCHAR2(7) リフレッシュ操作が実行されたフェーズ:
  • PREPARE

  • EXECUTE

STATUS VARCHAR2(10) リフレッシュ操作の状態:
  • RUNNING

  • NOT PROCESSED

  • COMPLETE

  • ERROR-SOFT

  • ERROR-HARD

  • ABORT

  • PARTIAL

NUM_TBLS NUMBER NOT NULL 同期リフレッシュ・グループ内の表の数
NUM_MVS NUMBER NOT NULL 同期リフレッシュ・グループ内のマテリアライズド・ビューの数
BASE_TBLS_REFR_STATUS VARCHAR2(13) 同期リフレッシュ・グループ内の実表のリフレッシュの状態を示す。値は次のとおりです。
  • NOT PROCESSED

  • COMPLETE

  • ABORT

NUM_MVS_COMPLETED NUMBER 同期リフレッシュ・グループ内の、リフレッシュが完了したマテリアライズド・ビューの数
NUM_MVS_ABORTED NUMBER 同期リフレッシュ・グループ内の、リフレッシュが異常終了したマテリアライズド・ビューの数
ERROR_NUMBER NUMBER 実行のエラー番号(ある場合)
ERROR_MESSAGE VARCHAR2(4000) 実行のエラー・メッセージ(ある場合)
PREPARE_START_TIME DATE 実行のPREPARE_REFRESHフェーズの開始時刻
PREPARE_END_TIME DATE 実行のPREPARE_REFRESHフェーズの終了時刻
EXECUTE_START_TIME DATE 実行のEXECUTE_REFRESHフェーズの開始時刻
EXECUTE_END_TIME DATE 実行のEXECUTE_REFRESHフェーズの終了時刻


関連項目:

  • 「USER_SR_GRP_STATUS」

  • DBMS_SYNC_REFRESHパッケージの詳細は、『Oracle Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス』を参照してください。