ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_SR_STLOG_STATS

DBA_SR_STLOG_STATSは、DBMS_SYNC_REFRESH.PREPARE_STAGING_LOGによって処理された表に対する、ステージング・ログ内の統計に関する情報を示します。

ステージング・ログの次の3つの統計列が、PREPARE_STAGING_LOGに入力されます。

同期リフレッシュ・グループのステージング・ログのデータがPREPARE_REFRESHおよびEXECUTE_REFRESHによって処理された後、グループの表の統計列はクリアされ、NULLで示されます。

関連ビュー

USER_SR_STLOG_STATSは、DBMS_SYNC_REFRESH.PREPARE_STAGING_LOGによって処理された、現行のユーザーに属する表に対する、ステージング・ログ内の統計に関する情報を示します。

データ型 NULL 説明
OWNER VARCHAR2(128) NOT NULL 同期リフレッシュ用に登録された実表の所有者
TABLE_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL 表の名前。
STAGING_LOG_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL 表のステージング・ログの名前。マテリアライズド・ビューのNULL。
NUM_INSERTS NUMBER NOT NULL ステージング・ログでの挿入の数
NUM_DELETES NUMBER NOT NULL ステージング・ログでの削除の数
NUM_UPDATES NUMBER NOT NULL ステージング・ログでの更新の数
PSL_MODE VARCHAR2(33)
DBMS_SYNC_REFRESH.PREPARE_STAGING_LOGの実行中に、ユーザーによって指定されたモード。可能な値は次のとおり。
  • DELETE_TRUSTED

  • DELETE_TRUSTEDおよびUPDATE_TRUSTED

  • ENFORCED

  • INSERT_TRUSTED

  • INSERT_TRUSTEDおよびDELETE_TRUSTED

  • TRUSTED

  • UPDATE_TRUSTED

  • UPDATE_TRUSTEDおよびINSERT_TRUSTED



関連項目:

  • 「USER_SR_STLOG_STATS」

  • DBMS_SYNC_REFRESHパッケージの詳細は、『Oracle Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス』を参照してください。