ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_ROLLING_STATUS

DBA_ROLLING_STATUSは、ローリング操作の全体的な状態を示します。

データ型 NULL 説明
REVISION NUMBER 現在のアップグレード・プランのリビジョン番号
STATUS VARCHAR2(12) ローリング操作を開始または再開する施設の準備状況
PHASE VARCHAR2(14) プランの現在のフェーズ
NEXT_INSTRUCTION NUMBER
次の保留指示の指示ID
REMAINING_INSTRUCTIONS NUMBER
プランで実行する残りの指示の数
COORDINATOR_INSTANCE NUMBER ローリング操作が調整されるインスタンス番号
COORDINATOR_PID NUMBER
ローリング操作が調整されるプロセスのPID
ORIGINAL_PRIMARY VARCHAR2(128) 元のプライマリの一意のデータベース名
FUTURE_PRIMARY VARCHAR2(128) 将来のプライマリの一意のデータベース名
TOTAL_DATABASES NUMBER ローリング操作への参加に適格なデータベースの合計数
PARTICIPATING_DATABASES NUMBER
ローリング操作に参加できるように構成されたデータベースの数
INIT_TIME TIMESTAMP(6) DBMS_ROLLING.INIT_PLANへの最後のコールの時刻
BUILD_TIME TIMESTAMP(6) DBMS_ROLLING.BUILDへの最後のコールの時刻
START_TIME TIMESTAMP(6) DBMS_ROLLING.START_UPGRADEへの最後のコールの時刻
SWITCH_TIME TIMESTAMP(6) DBMS_ROLLING.SWITCHOVERへの最後のコールの時刻
FINISH_TIME TIMESTAMP(6) DBMS_ROLLING.FINISHへの最後のコールの時刻


関連項目:

  • ローリング操作の詳細は、『Oracle Data Guard概要および管理』を参照してください。

  • DBMS_ROLLINGパッケージの詳細は、『Oracle Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス』を参照してください。