ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_XSTREAM_SPLIT_MERGE_HIST

DBA_XSTREAM_SPLIT_MERGE_HISTは、XStreamの過去の自動分割操作およびマージ操作に関する情報を示します。

データ型 NULL 説明
ORIGINAL_CAPTURE_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL 元の取得プロセスの名前
CLONED_CAPTURE_NAME VARCHAR2(128) クローン化された取得プロセスの名前
ORIGINAL_QUEUE_OWNER VARCHAR2(128) 元の取得プロセスで使用されるキューの所有者
ORIGINAL_QUEUE_NAME VARCHAR2(128) 元の取得プロセスで使用されるキューの名前
CLONED_QUEUE_OWNER VARCHAR2(128) クローン化された取得プロセスで使用されるキューの所有者
CLONED_QUEUE_NAME VARCHAR2(128) クローン化された取得プロセスで使用されるキューの名前
ORIGINAL_CAPTURE_STATUS VARCHAR2(8) 元の取得プロセスの状態
  • DISABLED

  • ENABLED

  • ABORTED

CLONED_CAPTURE_STATUS VARCHAR2(8) クローン化された取得プロセスの状態
  • DISABLED

  • ENABLED

  • ABORTED

ORIGINAL_XSTREAM_NAME VARCHAR2(128) 元の取得プロセスから直接データベースの変更を受信する、元のXStreamコンポーネントの名前。このコンポーネントは伝播プロセスまたはローカルの適用プロセスのいずれかである。
CLONED_XSTREAM_NAME VARCHAR2(128) クローン化された取得プロセスから直接データベースの変更を受信する、クローン化されたXStreamコンポーネントの名前。このコンポーネントは伝播プロセスまたはローカルの適用プロセスのいずれかである。
XSTREAM_TYPE VARCHAR2(11) ORIGINAL_XSTREAM_NAMEおよびCLONED_XSTREAM_NAMEのコンポーネントのタイプ:
  • PROPAGATION

  • APPLY

RECOVERABLE_SCRIPT_ID RAW(16) 分割操作またはマージ操作のためのスクリプトの一意のID
SCRIPT_STATUS VARCHAR2(12) リカバリ可能なスクリプトの状態:
  • GENERATING

  • NOT EXECUTING

  • EXECUTING

  • EXECUTED

  • ERROR

ACTION_TYPE VARCHAR2(7) スクリプトによって実行される操作のタイプ:
  • SPLIT

  • MERGE

  • MONITOR

ACTION_THRESHOLD VARCHAR2(40) SPLIT操作の場合は、split_threshold取得プロセス・パラメータで設定されているしきい値。MERGE操作の場合は、merge_threshold取得プロセス・パラメータで設定されているしきい値。
STATUS VARCHAR2(16) 操作の状態
  • NOTHING TO SPLIT - 分割可能な状態でないか、または分割の必要がない

  • ABOUT TO SPLIT

  • SPLITTING - 分割が進行中

  • SPLIT DONE - 分割が完了

  • NOTHING TO MERGE - マージ可能な状態でない

  • ABOUT TO MERGE

  • MERGING - マージが進行中

  • MERGE DONE - マージが完了

  • ERROR - 分割またはマージ中にエラーが返された

  • NONSPLITTABLE - 元の取得プロセスを分割できない。原因は、元の取得プロセスが使用禁止になっているか、元の取得プロセスのキューに対して複数のパブリッシャが存在するか、または取得されたメッセージの宛先が元の取得プロセスに1つしかないため。

STATUS_UPDATE_TIME TIMESTAMP(6) 前回、状態が更新された時刻
CREATION_TIME TIMESTAMP(6) 操作の開始時刻
LAG NUMBER クローン化された取得プロセスが元の取得プロセスより遅延している時間(秒)
JOB_OWNER VARCHAR2(128) 分割またはマージ操作を実行するジョブの所有者
JOB_NAME VARCHAR2(128) 分割またはマージ操作を実行するジョブの名前
ERROR_NUMBER NUMBER 取得プロセスが異常終了した場合のエラー番号
ERROR_MESSAGE VARCHAR2(4000) 取得プロセスが異常終了した場合のエラー・メッセージ