ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_REPLICATION_TBL_STATS

DBA_HIST_REPLICATION_TBL_STATSは、GoldenGateセッションおよびXStreamセッションのレプリケーション表の統計を示します。このビューは、自動ワークロード・リポジトリ(AWR)で使用されます。

データ型 NULL 説明
SNAP_ID NUMBER NOT NULL 一意のスナップショットID
DBID NUMBER NOT NULL スナップショットのデータベースID
INSTANCE_NUMBER NUMBER NOT NULL スナップショットのインスタンス番号
APPLY_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL 適用プロセスの名前。
TABLE_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL 表の名前。
TABLE_OWNER VARCHAR2(128) NOT NULL 表の所有者。
SESSION_MODULE VARCHAR2(64) NOT NULL セッション・モジュール。有効な値は次のとおりです。
  • XStream

  • GoldenGate

TOTAL_INSERTS NUMBER この適用サーバーによって処理されたこの表に対する挿入操作の数
TOTAL_UPDATES NUMBER この適用サーバーによって処理されたこの表に対する更新操作の数
TOTAL_DELETES NUMBER この適用サーバーによって処理されたこの表に対する削除操作の数
CDR_SUCCESSFUL NUMBER 正常に解消された競合の数
CDR_FAILED NUMBER 解決中のエラーのため、解消できなかった競合の数
REPERR_CNT NUMBER レプリケーション操作のエラーの合計数
HANDLE_COLLISIONS NUMBER この適用サーバーによって処理された、この表での衝突の数
CON_DBID NUMBER サンプリングされたセッションのPDBのデータベースID
CON_ID NUMBER CON_DBIDで識別されるコンテナのID。可能な値は次のとおり。
  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID