ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DBA_HIST_REPORTS_CONTROL

DBA_HIST_REPORTS_CONTROLは、自動ワークロード・リポジトリ(AWR)へのXMLレポートを自動的に取得するレポート取得方式に関する制御情報を示します。レポートは、SQL監視やリアルタイム自動データベース診断モニター(リアルタイムADDM)などのコンポーネントに対して自動的に取得されます。

データ型 NULL 説明
DBID NUMBER レポート用の現在のデータベースのデータベースID
EXECUTION_MODE VARCHAR2(12) 自動レポート取得の実行モード。可能な値は次のとおり。
  • REGULAR: DBTIMEの割当てに従った毎分の通常レポート取得

  • FULL_CAPTURE: レポート取得は、DBTIMEの割当ての制約なく毎分実行され、より広範囲なレポートを取得できる。

注意: FULL_CAPTUREモードは、DBMS_AUTO_REPORTパッケージのSTART_REPORT_CAPTUREおよびFINISH_REPORT_CAPTURE APIを実行して、個別に開始および終了できる。やむを得ない場合を除き、実行モードはREGULARにする。



関連項目:

DBMS_AUTO_REPORTパッケージの詳細は、『Oracle Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス』を参照してください。