ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-04
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

AUDITABLE_SYSTEM_ACTIONS

AUDITABLE_SYSTEM_ACTIONSは、監査可能なシステム・アクション番号とアクション名をマッピングします。これらのアクションは、統合監査が使用可能な場合に監査用に構成可能です。

次のようなアクションがあります。


注意:

このビューは、統合監査が使用可能なOracle Database内にのみ移入されます。
  • 統合監査の詳細は、『Oracle Databaseセキュリティ・ガイド』を参照してください。

  • 統合監査への移行の詳細は、『Oracle Databaseアップグレード・ガイド』を参照してください。


データ型 NULL 説明
TYPE NUMBER
システム全体のアクションに対する数値のコンポーネント・タイプ
COMPONENT VARCHAR2(64)
システム全体のアクションのコンポーネントの名前
ACTION NUMBER システム全体のアクションに対する数値の監査可能アクション・コード
NAME VARCHAR2(64) 監査可能アクションの名前


関連項目:

「V$SQLCOMMAND」