ヘッダーをスキップ
SQL*Plus®ユーザーズ・ガイドおよびリファレンス
リリース12.1
B71396-02
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

EXECUTE

構文

EXEC[UTE] statement

statementにはPL/SQL文を指定します。

1つのPL/SQL文を実行します。EXECUTEコマンドは、ストアド・プロシージャを参照するPL/SQL文を実行する場合に便利です。PL/SQLの詳細は、『Oracle Database PL/SQL言語リファレンス』を参照してください。

使用方法

PL/SQL文があるためにEXECUTEコマンドが1行に収まらない場合は、SQL*Plusの継続文字(ハイフン)を使用します。

コマンドおよびPL/SQL文の長さが、SET LINESIZEで定義された長さを超えないようにする必要があります。

SET FEEDBACK OFFに設定すると、メッセージ「PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。」を出力しないようにできます。

変数:nが次のように定義されている場合

VARIABLE n NUMBER

次のEXECUTEコマンドは、バインド変数nに値を割り当てます。

EXECUTE :n := 1
PL/SQL procedure successfully completed.

バインド変数の作成方法については、「VARIABLE」コマンドを参照してください。