プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

2.27 ALL_APPLY

ALL_APPLYは、現行のユーザーがアクセスできるキューからメッセージをデキューする適用プロセスの情報を示します。

関連ビュー

DBA_APPLYは、データベース内のすべての適用プロセスに関する情報を示します。

データ型 NULL 説明

APPLY_NAME

VARCHAR2(128)

NOT NULL

適用プロセスの名前

QUEUE_NAME

VARCHAR2(128)

NOT NULL

適用プロセスがデキューされるキューの名前

QUEUE_OWNER

VARCHAR2(128)

NOT NULL

適用プロセスがデキューされるキューの所有者

APPLY_CAPTURED

VARCHAR2(3)

適用プロセスで取得されたメッセージを適用するのか(YES)、ユーザーによりエンキューされたメッセージを適用するのか(NO)

RULE_SET_NAME

VARCHAR2(128)

適用プロセスでフィルタ処理に使用される正のルール・セットの名前

RULE_SET_OWNER

VARCHAR2(128)

適用プロセスでフィルタ処理に使用される正のルール・セットの所有者

APPLY_USER

VARCHAR2(128)

メッセージを適用するユーザー

APPLY_DATABASE_LINK

VARCHAR2(128)

変更が適用されるデータベース・リンク。NULLの場合、変更はローカル・データベースに適用される。

APPLY_TAG

RAW(2000)

適用プロセスによる変更時に生成されるREDOログ・レコードに関連付けられているタグ

DDL_HANDLER

VARCHAR2(98)

DDL論理変更レコード(LCR)を処理するユーザー指定のデータ定義言語(DDL)ハンドラの名前

PRECOMMIT_HANDLER

VARCHAR2(98)

ユーザー指定のプリコミット・ハンドラの名前

MESSAGE_HANDLER

VARCHAR2(98)

論理変更レコード(LCR)以外のデキューされたメッセージを処理するユーザー指定プロシージャの名前

STATUS

VARCHAR2(8)

適用プロセスのステータス:

  • DISABLED

  • ENABLED

  • ABORTED

MAX_APPLIED_MESSAGE_NUMBER

NUMBER

forceパラメータをfalseに設定したDBMS_APPLY_ADM.STOP_APPLYプロシージャを使用して適用プロセスを最後に停止したときの、適用プロセスの最高水位標に対応するシステム変更番号(SCN)。適用プロセスの最高水位標とは、それを超えて適用されたメッセージがないSCNである。

NEGATIVE_RULE_SET_NAME

VARCHAR2(128)

適用プロセスでフィルタ処理に使用される負のルール・セットの名前

NEGATIVE_RULE_SET_OWNER

VARCHAR2(128)

適用プロセスでフィルタ処理に使用される負のルール・セットの所有者

STATUS_CHANGE_TIME

DATE

適用プロセスのSTATUSが変更された時刻

ERROR_NUMBER

NUMBER

適用プロセスが異常終了した場合のエラー番号

ERROR_MESSAGE

VARCHAR2(4000)

適用プロセスが異常終了した場合のエラー・メッセージ

MESSAGE_DELIVERY_MODE

VARCHAR2(10)

予約済

PURPOSE

VARCHAR2(19)

適用プロセスの用途:

  • GoldenGate Apply: Oracle GoldenGate Integrated Replicatによって構成されたOracle GoldenGateインバウンド・サーバー

  • Streams: Oracle Streams構成の適用プロセス

  • XStream Streams: DBMS_XSTREAM_ADM.ENABLE_GG_XSTREAM_FOR_STREAMSプロシージャによってXStream機能が有効にされたOracle Streams構成の適用プロセス。

  • XStream Out: XStream Out構成のXStreamアウトバウンド・サーバー

  • XStream In: XStream In構成のXStreamインバウンド・サーバー

  • AUDIT VAULT: 監査ボールト構成の適用プロセス

  • CHANGE DATA CAPTURE: チェンジ・データ・キャプチャ構成の適用プロセス

LCRID_VERSION

NUMBER

現在使用されているLCR IDの形式

関連項目:

  • DBA_APPLY

  • DBMS_APPLY_ADM.STOP_APPLYプロシージャの詳細は、『Oracle Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス』を参照してください。

  • DBMS_XSTREAM_ADM.ENABLE_GG_XSTREAM_FOR_STREAMSプロシージャの詳細は、『Oracle Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス』を参照してください。