プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

3.119 ALL_TAB_PRIVS_RECD

ALL_TAB_PRIVS_RECDは、次のタイプの権限付与を示します。

  • 現行のユーザーが権限受領者であるオブジェクトについての権限付与

  • 使用可能になっているロールまたはPUBLICが権限受領者であるオブジェクトについての権限付与

関連ビュー

USER_TAB_PRIVS_RECDは、現行のユーザーが権限受領者であるオブジェクトの権限付与を示します。このビューは、GRANTEE列を表示しません。

データ型 NULL 説明

GRANTEE

VARCHAR2(128)

アクセス権を付与されたユーザーまたはロールの名前

OWNER

VARCHAR2(128)

オブジェクトの所有者

TABLE_NAME

VARCHAR2(128)

オブジェクト名

GRANTOR

VARCHAR2(128)

権限付与を実行したユーザー名

PRIVILEGE

VARCHAR2(40)

オブジェクトについての権限

GRANTABLE

VARCHAR2(3)

権限がGRANT OPTION付きで付与されたか(YES)されていないか(NO)

HIERARCHY

VARCHAR2(3)

権限がHIERARCHY OPTION付きで付与されたか(YES)されていないか(NO)

COMMON

VARCHAR2(3)

権限がどのように付与されたかを示します。可能な値は次のとおり。

  • YES: 権限が共通して付与された場合(CONTAINER=ALLが使用された場合)

  • NO: 権限がローカルで付与された場合(CONTAINER=ALLが使用されなかった場合)

TYPE

VARCHAR2(24)

オブジェクトのタイプ

INHERITED脚注 1脚注 1

VARCHAR2(3)

権限付与が別のコンテナから継承されているかどうか(YES | NO)

脚注 1

この列は、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。

関連項目:

USER_TAB_PRIVS_RECD