プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

3.167 ALL_XTERNAL_LOC_SUBPARTITIONS

ALL_XTERNAL_LOC_SUBPARTITIONSは、現行のユーザーがアクセスできるサブパーティション・レベルの場所を示します。

関連ビュー

外部表がパーティション化されている場合、既存のALL_EXTERNAL_LOCATIONSDBA_EXTERNAL_LOCATIONSおよびUSER_EXTERNAL_LOCATIONSのビューにはその表の行がありません。かわりに、その場所はALL_XTERNAL_LOC_PARTITIONSDBA_XTERNAL_LOC_PARTITIONSUSER_XTERNAL_LOC_PARTITIONSALL_XTERNAL_LOC_SUBPARTITIONSDBA_XTERNAL_LOC_SUBPARTITIONSおよびUSER_XTERNAL_LOC_SUBPARTITIONSのビューに示されます。

  • DBA_XTERNAL_LOC_SUBPARTITIONSは、データベース内のサブパーティション・レベルの場所を示します。

  • USER_XTERNAL_LOC_SUBPARTITIONSは、現行のユーザーが所有するサブパーティション・レベルの場所を示します。このビューは、TABLE_OWNER列を表示しません。

データ型 NULL 説明

TABLE_OWNER

VARCHAR2(128)

NOT NULL

パーティション化外部表の所有者

TABLE_NAME

VARCHAR2(128)

NOT NULL

パーティション化外部表の名前

PARTITION_NAME

VARCHAR2(128)

パーティション名

SUBPARTITION_NAME

VARCHAR2(128)

サブパーティション名

LOCATION

VARCHAR2(4000)

サブパーティションのための外部表のlocation句

DIRECTORY_OWNER

CHAR(3)

外部表のサブパーティションの場所を含むディレクトリの所有者

DIRECTORY_NAME

VARCHAR2(128)

外部表のサブパーティションの場所を含むディレクトリの名前

注意:

このビューは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。