プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.30 BITMAP_MERGE_AREA_SIZE

BITMAP_MERGE_AREA_SIZEには、索引レンジ・スキャンによって取り出されたビットマップをマージするために使用するメモリー容量を指定します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

整数

デフォルト値

1048576 (1MB)

変更可能

いいえ

PDBで変更可能

いいえ

値の範囲

オペレーティング・システムによって異なる。

基本

いいえ

注意:

インスタンスが共有サーバー・オプションで構成されていないかぎり、BITMAP_MERGE_AREA_SIZEパラメータを使用することはお薦めしません。かわりに、PGA_AGGREGATE_TARGETを設定して、SQL作業領域の自動サイズ指定を使用可能にすることをお薦めします。BITMAP_MERGE_AREA_SIZEは、下位互換性を保つために残されます。

BITMAP_MERGE_AREA_SIZEは、ビットマップ索引を含むシステムのみに関連します。シングル・ビットマップにマージするにはビットマップ・セグメントをソートする必要があるため、通常はより大きい値を指定するとパフォーマンスが向上します。

関連項目:

パフォーマンスのためのビットマップ索引の使用の詳細は、『Oracle Database SQLチューニング・ガイド』を参照してください。