プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.33 CLIENT_RESULT_CACHE_LAG

CLIENT_RESULT_CACHE_LAGには、サーバーへの最後のラウンド・トリップ以降の最大時間(ミリ秒)を指定します。その時間が経過する前に、クライアントでキャッシュされた問合せに関するすべてのデータベース変更を取得するために、OCIクライアント問合せの実行によってラウンド・トリップが行われます。

特性 説明

パラメータ・タイプ

大整数

構文

CLIENT_RESULT_CACHE_LAG = integer

デフォルト値

3000

変更可能

いいえ

PDBで変更可能

いいえ

値の範囲

0以上。上限は、オペレーティング・システム依存。

基本

いいえ

関連項目:

クライアント問合せキャッシュ機能の詳細は、『Oracle Call Interfaceプログラマーズ・ガイド』を参照してください。