プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.59 DATA_GUARD_SYNC_LATENCY

DATA_GUARD_SYNC_LATENCYは、Oracle Data Guardの同期REDO転送モード接続で、最初のレスポンス以降のログ・ライター(LGWR)プロセスの待機秒数を制御します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

整数

デフォルト値

0

変更可能

ALTER SYSTEM

PDBで変更可能

いいえ

値の範囲

0からLOG_ARCHIVE_DEST_nパラメータのNET_TIMEOUT属性で指定された秒数

基本

いいえ

Oracle RAC

すべてのインスタンスで同じ値を使用する必要がある。

デフォルト値は0です。これは、LGWRがSYNCスタンバイ接続先ごとにLOG_ARCHIVE_DEST_nパラメータのNET_TIMEOUT属性で指定された秒数まで待機するという意味です。

たとえば、SYNCモードでREDOを受信する2つのスタンバイを持つOracle Data Guard構成で、DATA_GUARD_SYNC_LATENCYの値を2秒に設定してSYNC転送を使用するように、LOG_ARCHIVE_DEST_2LOG_ARCHIVE_DEST_3を定義するとします。REDOをスタンバイに送信する必要がある場合、REDOをLOG_ARCHIVE_DEST_2LOG_ARCHIVE_DEST_3接続の両方に並行して送信し、LGWRは通知を待機します。LOG_ARCHIVE_DEST_2が先にREDOを受信したことを通知するメッセージで応答すると、LGWRは2秒を超えてLOG_ARCHIVE_DEST_3が応答するのを待機しません(DATA_GUARD_SYNC_LATENCY)。LOG_ARCHIVE_DEST_3が2秒以内に応答しない場合、LGWRは、LOG_ARCHIVE_DEST_3から切断され、エラー状態に置かれます。REDOは、通常どおりに引き続きLOG_ARCHIVE_DEST_2に送信されます。LOG_ARCHIVE_DEST_3REOPEN属性の期間が経過すると、LGWRはLOG_ARCHIVE_DEST_3に再接続してREDO転送を続行します。このように、2番目のSYNCスタンバイがある場合の最大の影響は、1つのSYNCスタンバイしかない場合よりも制限が2秒長くなり、Oracle Data Guard構成で必要な保護レベルを維持できるということです。

LGWRは、DATA_GUARD_SYNC_LATENCYの値に関係なく、LOG_ARCHIVE_DEST_nパラメータのNET_TIMEOUT属性の値より長い期間待機しません。

注意:

この初期化パラメータは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。

関連項目:

LOG_ARCHIVE_DEST_n