プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

5.103 DBA_IM_EXPRESSIONS

DBA_IM_EXPRESSIONSは、現在インメモリー・ストレージに対して有効になっている式(SYS_IME仮想列)のリストに関する情報を提供します。

関連ビュー

通常、DBMS_INMEMORY_ADMIN.IME_CAPTURE_EXPRESSIONS PL/SQLプロシージャを起動して、データベース全体の各表に追加されたホットな式のリストを確認した後で、このビューに問い合せることができます。

このビューに基づいて、次の操作を実行できます。

  • 即座に特定の表に式を移入する

  • インメモリー用にマークされているが、ユーザーには不要な式を削除する

USER_IM_EXPRESSIONSは、現行のユーザーが所有しているスキーマ内で、現在インメモリー・ストレージに対して有効になっている式(SYS_IME仮想列)のリストに関する情報を提供します。このビューは、OWNER列を表示しません。

データ型 NULL 説明

OWNER

VARCHAR2(129)

表の所有者

TABLE_NAME

VARCHAR2(129)

表名

OBJECT_NUMBER

NUMBER

表のオブジェクト番号

COLUMN_NAME

VARCHAR2(128)

NOT NULL

表に追加された式の列名(SYS_IME接頭辞付き)

SQL_EXPRESSION

LONG

式のSQL表現

関連項目:

USER_IM_EXPRESSIONS

注意:

このビューは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。