プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

5.194 DBA_MVREF_RUN_STATS

DBA_MVREF_RUN_STATSは、REFRESH_IDによって識別される各実行とともに、データベースのすべてのマテリアライズド・ビューに対する各リフレッシュ実行に関する情報を示します。この情報には、実行に関連するタイミング統計および実行に指定されたパラメータが含まれます。

関連ビュー

USER_MVREF_RUN_STATSは、REFRESH_IDによって識別される各実行とともに、現在のデータベース・ユーザーがアクセス可能なマテリアライズド・ビューに対する各リフレッシュ実行に関する情報を示します。この情報には、実行に関連するタイミング統計および実行に指定されたパラメータが含まれます。このビューは、RUN_OWNER列を表示しません。

データ型 NULL 説明

RUN_OWNER

VARCHAR2(128)

NOT NULL

リフレッシュ操作の所有者(操作を起動したユーザー)

REFRESH_ID

NUMBER

NOT NULL

リフレッシュ実行のリフレッシュID

NUM_MVS

NUMBER

NOT NULL

実行で更新されるマテリアライズド・ビューの数

MVIEWS

VARCHAR2(4000)

マテリアライズド・ビューのリフレッシュ操作のためにAPIに指定されたカンマ区切りのパラメータのリスト

BASE_TABLES

VARCHAR2(4000)

内部使用専用。

METHOD

VARCHAR2(4000)

APIで指定された METHODパラメータ

ROLLBACK_SEG

VARCHAR2(4000)

APIで指定された ROLLBACK_SEGパラメータ

PUSH_DEFERRED_RPC

CHAR(1)

APIで指定された PUSH_DEFERRED_RPCパラメータ

REFRESH_AFTER_ERRORS

CHAR(1)

APIで指定された REFRESH_AFTER_ERRORSパラメータ

PURGE_OPTION

NUMBER

APIで指定された PURGE_OPTIONパラメータ

PARALLELISM

NUMBER

APIで指定された PARALLELISMパラメータ

HEAP_SIZE

NUMBER

APIで指定された HEAP_SIZEパラメータ

ATOMIC_REFRESH

CHAR(1)

APIで指定された ATOMIC_REFRESHパラメータ

NESTED

CHAR(1)

APIで指定された NESTEDパラメータ

OUT_OF_PLACE

CHAR(1)

APIで指定された OUT_OF_PLACEパラメータ

NUMBER_OF_FAILURES

NUMBER

APIの処理中に発生した失敗の数

START_TIME

TIMESTAMP(6)

リフレッシュ実行の開始時間

END_TIME

TIMESTAMP(6)

リフレッシュ実行の終了時間

ELAPSED TIME

NUMBER

リフレッシュ実行の時間の長さ(秒)

LOG_SETUP_TIME

NUMBER

非アトミック・リフレッシュの場合のマテリアライズド・ビューのログのセットアップ時間(秒)。アトミック・リフレッシュではNULL

LOG_PURGE_TIME

NUMBER

アトミック・リフレッシュの場合のマテリアライズド・ビューのログのパージ時間(秒)。非アトミック・リフレッシュではNULL

COMPLETE_STATS_AVAILABLE

CHAR(1)

この実行のため、すべての完全リフレッシュ統計が使用可能かどうか:

  • Y: すべての統計が使用可能

  • N: すべての統計が使用不能

注意:

このビューは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。

関連項目:

USER_MVREF_RUN_STATS