プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

5.195 DBA_MVREF_STATS

DBA_MVREF_STATSは、データベースの各マテリアライズド・ビューの各リフレッシュ実行に関連付けられているREFRESH_IDを示します。また、実行時にマテリアライズド・ビューのリフレッシュに関連する一部の基本的なタイミング統計を提供します。

関連ビュー

USER_MVREF_STATSは、現行のユーザーがアクセスできるデータベースの各マテリアライズド・ビューの各リフレッシュ実行に関連付けられているREFRESH_IDを示します。また、実行時にマテリアライズド・ビューのリフレッシュに関連する一部の基本的なタイミング統計を提供します。このビューには、MV_OWNER列は表示されません。

データ型 NULL 説明

MV_OWNER

VARCHAR2(128)

NOT NULL

マテリアライズド・ビューの所有者

MV_NAME

VARCHAR2(128)

NOT NULL

マテリアライズド・ビューの名前

REFRESH_ID

NUMBER

NOT NULL

リフレッシュ実行のリフレッシュID

REFRESH_METHOD

VARCHAR2(30)

マテリアライズド・ビューのリフレッシュに使用されるリフレッシュ方法:

  • FAST

  • PCT

  • COMPLETE

  • OUT OF PLACE FAST

  • OUT OF PLACE PCT

  • OUT OF PLACE COMPLETE

REFRESH_OPTIMIZATIONS

VARCHAR2(4000)

リフレッシュの最適化、たとえば、nullリフレッシュやマテリアライズド・ビューのリフレッシュ中に適用される主キー/外部キー

ADDITIONAL_EXECUTIONS

VARCHAR2(4000)

追加の実行、たとえば、索引の再構築やマテリアライズド・ビューのリフレッシュ中の関連ログ操作

START_TIME

TIMESTAMP(6)

リフレッシュ実行の開始時間

END_TIME

TIMESTAMP(6)

リフレッシュ実行の終了時間

ELAPSED_TIME

NUMBER

リフレッシュ実行の時間の長さ(秒)

LOG_SETUP_TIME

NUMBER

非アトミック・リフレッシュの場合のマテリアライズド・ビューのログのセットアップ時間(秒)。アトミック・リフレッシュではNULL

LOG_PURGE_TIME

NUMBER

アトミック・リフレッシュの場合のマテリアライズド・ビューのログのパージ時間(秒)。非アトミック・リフレッシュではNULL

INITIAL_NUM_ROWS

NUMBER

マテリアライズド・ビューの行の初期数(リフレッシュの開始時)

FINAL_NUM_ROWS

NUMBER

マテリアライズド・ビューの行の最終数(リフレッシュの終了時)

注意:

このビューは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。

関連項目:

USER_MVREF_STATS