プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

5.282 DBA_ROLES

DBA_ROLESは、データベース内のすべてのロールを示します。

データ型 NULL 説明

ROLE

VARCHAR2(128)

NOT NULL

ロールの名前

ROLE_ID脚注 1脚注 1

NUMBER

NOT NULL

ロールのID番号

PASSWORD_REQUIRED

VARCHAR2(8)

AUTHENTICATION_TYPE列が設定されている場合、この列は非推奨になる

AUTHENTICATION_TYPE

VARCHAR2(11)

ロールの認証方式:

  • NONE - CREATE ROLE role1;

  • EXTERNAL - CREATE ROLE role2 IDENTIFIED EXTERNALLY;

  • GLOBAL - CREATE ROLE role3 IDENTIFIED GLOBALLY;

  • APPLICATION - CREATE ROLE role4 IDENTIFIED USING schema.package;

  • PASSWORD - CREATE ROLE role5 IDENTIFIED BY role5;

COMMON

VARCHAR2(3)

指定されたロールが共通であるかどうかを示す。可能な値は次のとおり。

  • YES: ロールが共通の場合

  • NO: ロールがローカルの場合(共通ではない)

ORACLE_MAINTAINED

VARCHAR2(1)

ロールが、オラクル社が提供するスクリプト(catalog.sqlやcatproc.sqlなど)によって作成されてメンテナンスされているかどうかを示す。この列の値がYのロールは、オラクル社が提供するスクリプトを実行する以外の方法で変更してはならない。

INHERITED脚注 1

VARCHAR2(3)

ロールが別のコンテナから継承されているかどうか(YES | NO)

IMPLICIT脚注 1

VARCHAR2(3)

このロールが暗黙のアプリケーションによって作成された共通ロールかどうか(YES | NO)

脚注 1

この列は、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。