プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

6.105 DBA_USED_USERPRIVS_PATH

DBA_USED_USERPRIVS_PATHは、DBMS_PRIVILEGE_CAPTURE.GENERATE_RESULTプロシージャにより報告される権限分析ポリシーに使用されているユーザー権限を示します。

このビューは、SYS表内の分析済権限レコードへのアクセスを提供します。

このビューにアクセスするには、CAPTURE_ADMINロールが必要です。

データ型 NULL 説明

CAPTURE

VARCHAR2(128)

NOT NULL

権限分析ポリシーの名前

SEQUENCE

NUMBER

NOT NULL

実行された権限分析の順序番号(この分析中に権限が報告された)

OS_USER

VARCHAR2(128)

オペレーティング・システムのログイン・ユーザー名。

USERHOST

VARCHAR2(128)

クライアントのホスト・マシンの名前

MODULE

VARCHAR2(64)

モジュール名

USERNAME

VARCHAR2(128)

NOT NULL

権限が報告されたユーザーの名前

USED_ROLE

VARCHAR2(128)

使用されているロール

USER_PRIV

VARCHAR2(18)

使用されているユーザー権限

ONUSER

VARCHAR2(128)

権限受領者が行使できるユーザー権限の所有者

GRANT_OPTION

NUMBER

権限がGRANTオプション付きで付与されたかどうか:

  • 0 - 権限がGRANTオプションなしで付与されていることを示す

  • 1 - 権限がGRANTオプション付きで付与されていることを示す

PATH

GRANT_PATH

ユーザー権限付与パス

RUN_NAME脚注 1

VARCHAR2(128)

権限が報告されたときの実行の名前

脚注 1

この列は、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。

関連項目:

  • 権限分析の詳細は、『Oracle Database Vault管理者ガイド』を参照してください。

  • DBMS_PRIVILEGE_CAPTURE.GENERATE_RESULTプロシージャの詳細は、『Oracle Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス』を参照してください。