プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.71 DB_DOMAIN

分散データベース・システムでは、DB_DOMAINには、ネットワーク構造内でのデータベースの論理上の位置を指定します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

文字列

構文

DB_DOMAIN = domain_name

デフォルト値

デフォルト値はありません。

変更可能

いいえ

PDBで変更可能

はい

値の範囲

ピリオドで区切った名前コンポーネントの有効な文字列で、最大128文字(ピリオドを含む)。

基本

はい

Oracle RAC

すべてのインスタンスに、このパラメータを設定する必要がある。また、複数インスタンスには、同じ値を指定する必要がある。

このデータベースが分散システムまたはその一部の場合、このパラメータを設定します。この値は、有効な識別子(英数字のASCIIキャラクタ)で構成され、ピリオドで区切られたグローバル・データベース名の拡張コンポーネントで構成されます。

注意:

DB_DOMAINには、ドメイン内の各データベースに一意の文字列を指定することをお薦めします。

このパラメータを使用すると、ある部門がデータベースを作成するとき、別の部門が作成したデータベースとの名前の重複を気にせずに済みます。ある販売部門がDB_DOMAIN = JAPAN.ACME.COMであるとき、そのSALESデータベース(SALES.JAPAN.ACME.COM)は、DB_NAME = SALESかつDB_DOMAIN = US.ACME.COMである別のデータベースとは一意に区別されます。

データベース・リンクの名前からドメインの指定を省略すると、Oracleは、データ・ディクショナリ内に存在するのでローカル・データベースのドメインでデータベースを修飾して、名前を拡張します。データベース・ドメイン名で有効な文字は、英数字とシャープ記号(#)です。

関連項目:

  • このパラメータの設定の詳細は、『Oracle Database管理者ガイド』を参照してください。

  • データ・ディクショナリ・ビューGLOBAL_NAME