プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.114 EXTERNAL_KEYSTORE_CREDENTIAL_LOCATION

EXTERNAL_KEYSTORE_CREDENTIAL_LOCATIONには、セキュアな外部キーストアの場所を指定します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

文字列

構文

EXTERNAL_KEYSTORE_CREDENTIAL_LOCATION = file-location

デフォルト値

デフォルト値はありません

変更可能

いいえ

PDBで変更可能

いいえ

基本

いいえ

Oracle RAC

このパラメータは各インスタンスに対して設定できます。インスタンスに共有場所がある場合は、このパラメータには共有場所上のディレクトリを使用し、それと同じ値をすべてのOracle RACインスタンスで設定することを推奨。データベースに共有場所がない場合は、データベースの各インスタンスはそれ独自のディレクトリを持ち、その値をインスタンスごとに設定する必要がある。

TDEキーストアの資格証明をセキュアな外部キーストアに格納して、透過的データ暗号化(TDE)操作を自動化できます。

新たにプロビジョニングされたPDBのマスター・キーの設定を自動化するには、CDBでセキュアな外部キーストアの場所がわかるようにEXTERNAL_KEYSTORE_CREDENTIAL_LOCATIONを設定します。

ファイルの仕様がこのパラメータで設定されていると、セキュアな外部キーストアはその場所で検索されます。セキュアな外部キーストアがその場所で見つからない場合は、このパラメータは無視されます。

注意:

この初期化パラメータは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。

関連項目:

TDEの使用の詳細は、『Oracle Database Advanced Securityガイド』を参照してください