プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.131 INMEMORY_ADG_ENABLED

INMEMORY_ADG_ENABLEDは、インメモリー・キャッシュ・サイズに加え、Active Data Guardのインメモリーが有効かどうかを示します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

ブール値

デフォルト値

true

変更可能

ALTER SYSTEM

PDBで変更可能

いいえ

値の範囲

true | false

基本

いいえ

Oracle RAC

すべてのインスタンスで同じ値を使用する必要がある。1つのインスタンスでこのパラメータの値を変更した場合、他のインスタンスでもパラメータの値を同じ値に変更する必要がある。

Active Data Guardの場合、メディア・リカバリでは、REDOを適用するときにインメモリー・オブジェクトを取得して、問合せの進行後に関連オブジェクトを無効にする必要があります。このパラメータは、メディア・リカバリで取得および無効化を行うかどうかを制御します。

このパラメータは、スタンバイ・データベースで設定する必要があります。このパラメータの値は、プライマリ・データベースでは意味がありません。

スタンバイがOracle RACインスタンスである場合、それぞれのスタンバイ・インスタンスすべてにおいて、このパラメータが同じ値に設定されている必要があります。

このパラメータは、Active Data Guardのリカバリが実行されていない場合にのみ値が変更できる、動的にシステムで変更可能なパラメータです。

マルチインスタンスのREDO適用(MIRA)のActive Data Guardリカバリを開始する場合は、MIRAに関係するすべてのインスタンスのパラメータを同じ値に設定する必要があり、そうしないとMIRAでエラーが通知されます。

注意:

このパラメータは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。

スタンバイがOracle RACインスタンスである場合、このパラメータがすべてのOracle RACインスタンスで同じ値に設定されている必要があります。

SQL> alter system set inmemory_adg_enabled=true sid='*';

関連項目:

  • INMEMORY_SIZE

  • Active Data Guard環境でのインメモリー列ストア(IM列ストア)のデプロイの詳細は、『Oracle Database In-Memoryガイド』を参照してください。