プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.140 INSTANCE_ABORT_DELAY_TIME

INSTANCE_ABORT_DELAY_TIMEには、致命的なプロセスの異常終了や回復不能なインスタンス・エラーの発生時など、内部で起動されたインスタンスの中止までの遅延時間(秒)を指定します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

整数

デフォルト値

0

変更可能

ALTER SYSTEM

PDBで変更可能

いいえ

値の範囲

0以上

基本

いいえ

Oracle RAC

異なるインスタンスで同じ値を使用する必要がある。

このパラメータは、強制停止の操作やユーザー・コマンドを実装するために必要な中止には適用されません。

このパラメータを0より大きい値に設定すると、DBAは、致命的エラーによる中止が発生する前になんらかのアクションをとることができます。インスタンスは致命的な状態にあるため、一部のプロセスまたはリソース(あるいはその両方)が破損しているか使用不能で、複雑なアクションは実行できない可能性があり、DBAは、あまり大胆なアクションを行うべきではないことに注意してください。インスタンスがこの状態にある場合、オラクル社では何が可能かを保証できません。遅延した中止が開始されると、アラート・ログにメッセージが書き込まれます。PMONの異常終了の場合は、この値は適用されません。

指定した値が大きければ大きいほど、インスタンスが長い間起動し続けることになり、他の問題が発生する可能性が増加します。このパラメータを設定する場合は、0から60の間の値を設定することをお薦めします。

注意:

この初期化パラメータは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。