プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.142 INSTANCE_MODE

INSTANCE_MODEは、インスタンスがread-write、read-only、read-mostlyのいずれであるかを示します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

文字列

構文

INSTANCE_MODE = { READ-WRITE | READ-ONLY | READ-MOSTLY }

デフォルト値

READ-WRITE

変更可能

いいえ

基本

いいえ

Oracle RAC

次の初期化パラメータの説明のOracle RAC制約を参照してください。

READ-WRITEインスタンスは、通常のOracleインスタンスです。

READ-ONLYインスタンスは、読取り専用モードでのみオープンできるOracleインスタンスです。

READ-MOSTLYインスタンスは、データベースへの書込みをほとんど実行しないOracleインスタンスです。

次の制約が、それぞれのOracle Real Application Clusters (Oracle RAC)インスタンスにパラメータを設定したときに適用されます。

  1. ある特定の時点で、INSTANCE_MODEREAD-WRITEに設定したアクティブなインスタンスが少なくとも1つ存在する必要があります。INSTANCE_MODEREAD-WRITEに設定したインスタンスのみが停止した場合、他のすべてのインスタンスは自動的に停止されます。

  2. INSTANCE_MODEREAD-ONLYに設定したインスタンスは、Oracle RACクラスタのすべてのインスタンスでデータベースまたはプラガブル・データベース(PDB)をオープンする最初のインスタンスになることはできません。

  3. Oracleでは、INSTANCE_MODEREAD-ONLYに設定したインスタンスとINSTANCE_MODEREAD-MOSTLYに設定したインスタンスが同じOracle RACクラスタに共存することをサポートしていません。

注意:

この初期化パラメータは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。