プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.164 LOG_ARCHIVE_DEST_STATE_n

LOG_ARCHIVE_DEST_STATE_nパラメータ(n = 1、2、3、... 31)には、対応する宛先の可用性状態を指定します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

文字列

構文

LOG_ARCHIVE_DEST_STATE_[1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31] = { enable | defer | alternate | reset }

デフォルト値

enable

変更可能

ALTER SESSIONALTER SYSTEM

PDBで変更可能

いいえ

基本

はい

パラメータの接尾辞(1から31)には、対応するLOG_ARCHIVE_DEST_n宛先パラメータのうちの1つを指定します。

値:

  • enable

    有効なログ・アーカイブの宛先が、後続のアーカイブ操作(自動または手動)に使用できることを指定します。これはデフォルトです。

  • defer

    有効な宛先の情報および属性は保持されたまま、再度ENABLEにされるまで、アーカイブ操作から除外されます。

  • alternate

    ログ・アーカイブ先を使用可能にせず、他のアーカイブ先との通信に失敗した場合に使用可能にするように指定します。

  • reset

    deferと同じファンクションですが、宛先が以前に失敗していた場合、その宛先のエラー・メッセージをクリアします。

LOG_ARCHIVE_DEST_STATE_nパラメータは、LOG_ARCHIVE_DESTまたはLOG_ARCHIVE_DUPLEX_DESTENABLE状態には影響しません。

V$ARCHIVE_DEST動的パフォーマンス・ビューの値は、カレント・セッションで使用している値を示します。ビューのDEST_ID列は、アーカイブ先の接尾辞nに対応しています。

関連項目:

  • このパラメータの詳細は、『Oracle Data Guard概要および管理』を参照してください。

  • V$ARCHIVE_DEST