プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.213 OPTIMIZER_ADAPTIVE_STATISTICS

OPTIMIZER_ADAPTIVE_STATISTICSは、適応統計を制御します。一部の問合せでは、形式が複雑になりすぎたために実表の統計のみでは不十分な場合があります。そのような場合に、オプティマイザはこれらの統計を適応統計で増強します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

ブール値

デフォルト値

false

変更可能

ALTER SESSIONALTER SYSTEM

PDBで変更可能

はい

値の範囲

true | false

基本

いいえ

Oracle RAC

すべてのインスタンスで同じ値を設定する必要がある。

このパラメータをfalseに設定すると、次の適応可能な機能が無効になります。

  • SQL計画ディレクティブ

  • 結合の統計フィードバック

  • パフォーマンス・フィードバック

  • パラレル実行の適応可能な動的サンプリング

注意:

OPTIMIZER_ADAPTIVE_STATISTICSfalseに設定すると、Oracle Database 11gで導入された統計フィードバック機能が保持されます。

OPTIMIZER_ADAPTIVE_STATISTICSは、SQLプラン・ディレクティブの作成を制御しません。SQLプラン・ディレクティブは、このパラメータがfalseであっても作成されますが、SQL実行計画を動的サンプリングで調整するために使用されません。

注意:

この初期化パラメータは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。

関連項目:

適応可能なプランの詳細は、『Oracle Database SQLチューニング・ガイド』を参照してください。