プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.241 PDB_LOCKDOWN

PDB_LOCKDOWNは、PDBに適用されるPDBロックダウン・プロファイルを決定します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

文字列

構文

PDB_LOCKDOWN = pdb-lockdown-profile-name

デフォルト値

NULL

変更可能

ALTER SESSIONALTER SYSTEM

PDBで変更可能

はい

基本

いいえ

Oracle RAC

すべてのインスタンスで同じ値を指定する必要がある

PDBロックダウン・プロファイルは、特定のPDBに接続しているユーザーが実行できる操作(特定のパラメータの値の設定や特定のオプションの使用など)を制限するメカニズムです。また、ネットワーク・アクセスを許可するすべてのパッケージ、たとえばUTL_SMTPの実行を制限することもできます。

SQL CREATE LOCKDOWN PROFILE文を使用してロックダウン・プロファイルを作成します。次に、SQLのALTER SESSIONまたはALTER SYSTEM文を使用すると、プロファイルを設定できます。「例」の項を参照してください。

このパラメータを設定するには、ALTER SYSTEM文を使用し、範囲をMEMORYSPFILEまたはBOTHに設定します。

PDBのロックダウン・プロファイルは、共通のALTER SYSTEMまたは共通のSYSDBA権限を持つ共通ユーザーが設定できます。

注意:

この初期化パラメータは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。

次の例は、SYSユーザーがデータベースAS SYSDBAに接続して、CREATE LOCKDOWN PROFILE文をCDBのルートで使用し、新しいロックダウン・プロファイルを定義する方法を示します。新しいロックダウン・プロファイルを定義した後、SYSユーザーはPDB_LOCKDOWNパラメータを使用すると、新しいロックダウン・プロファイルをPDBに割り当てることができます。

SQL> ALTER SESSION SET CONTAINER=CDB$ROOT;

Session altered.

SQL> CREATE LOCKDOWN PROFILE MYPROFILE;

Lockdown Profile created.

SQL> ALTER SESSION SET CONTAINER=CDB1_PDB1;

Session altered.

SQL> ALTER SYSTEM SET PDB_LOCKDOWN=MYPROFILE;

System altered.

SQL> SHOW PARAMETER PDB_LOCKDOWN

NAME                                 TYPE        VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
pdb_lockdown                         string      MYPROFILE
SQL>

関連項目:

  • DBA_LOCKDOWN_PROFILES

  • PDBロックダウン・プロファイルの概要は、『Oracle Database概要』を参照してください。

  • CREATE LOCKDOWN PROFILE文の詳細は、『Oracle Database SQL言語リファレンス』を参照してください。