プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.293 SHADOW_CORE_DUMP

SHADOW_CORE_DUMPには、フォアグラウンド(クライアント)プロセスのコア・ファイルにSGAを含めるかどうかを指定します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

文字列

構文

SHADOW_CORE_DUMP = {partial | full | none}

デフォルト値

partial。Windowsでは、デフォルト値はnone

変更可能

ALTER SYSTEM

PDBで変更可能

はい

基本

いいえ

値:

  • partial

    コア・ダンプにはSGAが含まれません。

  • full

    コア・ダンプにSGAが含まれます。

  • none

    フォアグラウンド・プロセスのコア・ファイルは生成されません。

関連項目:

BACKGROUND_CORE_DUMP