プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.299 SHRD_DUPL_TABLE_REFRESH_RATE

SHRD_DUPL_TABLE_REFRESH_RATEに、重複した表のリフレッシュ・レート(秒)が表示されます。

特性 説明

パラメータ・タイプ

整数

デフォルト値

60

変更可能

ALTER SYSTEM

PDBで変更可能

いいえ

値の範囲

20から4294967295 (UB4MAXVAL)

基本

いいえ

Oracle RAC

すべてのインスタンスには同じインスタンスを使用する必要がある。

このパラメータの値を変更すると、重複した表のリフレッシュ・レートを変更できます。

重複した表とは、シャード化されたデータベースのすべてのシャードで同じ内容の表のことです。重複した表は、あるレートでリフレッシュされるマテリアライズド・ビューを使用して実装されます。

注意:

この初期化パラメータは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。

関連項目:

  • シャーディングの概要は、『Oracle Database概要』を参照してください。

  • 重複した表の詳細は、『Oracle Database管理者ガイド』を参照してください。