プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.325 UNDO_MANAGEMENT

UNDO_MANAGEMENTには、システムが使用する必要があるUNDO領域管理モードを指定します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

文字列

構文

UNDO_MANAGEMENT = {MANUAL | AUTO}

デフォルト値

AUTO

変更可能

いいえ

PDBで変更可能

はい

基本

いいえ

Oracle RAC

複数インスタンスには、同じ値を指定する必要がある。

UNDO_MANAGEMENTAUTOに設定すると、インスタンスは、自動UNDO管理モードで起動します。手動UNDO管理モードの場合、UNDO領域はロールバック・セグメントとして外部的に割り当てられます。

注意:

CDBでは、UNDO_MANAGEMENT初期化パラメータをAUTOに設定してください。UNDOデータを管理するには、UNDO表領域を作成する必要があります。

関連項目:

  • このパラメータの詳細は、『Oracle Database管理者ガイド』を参照してください。

  • UNDOデータの管理の詳細は、『Oracle Database管理者ガイド』を参照してください。