プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.326 UNDO_RETENTION

UNDO_RETENTIONには、UNDO保存の下限値(秒)を指定します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

整数

デフォルト値

900

変更可能

ALTER SYSTEM

PDBで変更可能

はい

値の範囲

0から231 - 1

基本

いいえ

Oracle RAC

複数インスタンスには同じ値を指定することを推奨。

AUTOEXTEND UNDO表領域の場合、UNDOは、このパラメータに指定した時間以上に保存され、問合せに対するUNDO要件にあわせてUNDO保存期間が自動的にチューニングされます。固定サイズのUNDO表領域の場合、UNDO表領域のサイズおよび使用履歴に基づいて、可能な最長のUNDO保存期間に自動的にチューニングされ、保存保証が使用可能でない場合、UNDO_RETENTIONは無視されます。

このパラメータの設定では、システムのフラッシュバック要件を考慮する必要があります。UNDO保存の自動チューニングは、LOBに対してサポートされていません。LOB列のRETENTION値は、UNDO_RETENTIONパラメータの値に設定されます。

UNDO_RETENTIONパラメータは、現行のUNDO表領域に十分な領域がある場合にのみ有効です。アクティブ・トランザクションにUNDO領域が必要で、UNDO表領域に空きがない場合、期限切れ前のUNDO領域を再利用して、システムが起動します。この操作により、一部の問合せが正常に実行されず、「スナップショットが古すぎます」というメッセージが表示される場合があります。

現行のUNDO表領域に対してUNDOがOracle Databaseで保存される時間は、V$UNDOSTAT動的パフォーマンス・ビューのTUNED_UNDORETENTION列に問い合せて取得できます。

関連項目:

  • UNDO表領域の作成方法の詳細は、『Oracle Database SQL言語リファレンス』を参照してください。

  • UNDOデータの管理の詳細は、『Oracle Database管理者ガイド』を参照してください。