プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.327 UNDO_TABLESPACE

UNDO_TABLESPACEには、インスタンスの起動時に使用するUNDO表領域を指定します。インスタンスが手動UNDO管理モードのときにこのパラメータを指定すると、エラーが発生して起動できません。
特性 説明

パラメータ・タイプ

文字列

構文

UNDO_TABLESPACE = undoname

デフォルト値

データベース内の最初に使用可能なUNDO表領域。

変更可能

ALTER SYSTEM

PDBで変更可能

はい

値の範囲

既存の有効なUNDO表領域名

基本

はい

Oracle RAC

設定する場合は、各インスタンスに一意の値を指定する必要がある。

UNDO_TABLESPACEパラメータを省略した場合、データベースで最初に使用可能なUNDO表領域が選択されます。使用可能なUNDO表領域がない場合、インスタンスはUNDO表領域を使用せずに起動します。この場合、ユーザー・トランザクションは、SYSTEMロールバック・セグメントを使用して実行されます。通常、このモードでは実行しないでください。

インスタンスの実行中に、1つのUNDO表領域を別のUNDO表領域と置き換えることができます。

注意:

Oracle Data Guard構成内にあるプライマリ・データベース上のこのパラメータを更新する場合、構成内にあるすべてのフィジカル・スタンバイ・データベース上でこのパラメータを更新する必要があります。これにより、スタンバイ・データベースがプライマリ・データベースになった際、UNDO表領域の検出が可能になります。

関連項目:

UNDO表領域の作成方法の詳細は、『Oracle Database SQL言語リファレンス』を参照してください。