プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

7.22 V$AQ_REMOTE_DEQUEUE_AFFINITY

V$AQ_REMOTE_DEQUEUE_AFFINITYは、シャードの所有者のインスタンスからローカルにはデキューされないサブスクライバのデキュー・アフィニティ・インスタンスを示します。これらのサブスクライバのためにインスタンス間のメッセージ転送が使用されます。

データ型 説明

QUEUE_ID

NUMBER

キューID

SHARD_ID

NUMBER

SOURCE_INSTANCEからINST_IDに転送されるサブスクライバのシャードID

SOURCE_INSTANCE_ID

NUMBER

そこからシャードが転送される所有者のインスタンスID

SUBSCRIBER_ID

NUMBER

サブスクライバID

QUEUE_SCHEMA

VARCHAR2(128)

キューのスキーマ名

QUEUE_NAME

VARCHAR2(128)

キュー名

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID

注意:

このビューは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。