プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

7.90 V$BACKUP_DATAFILE_DETAILS

V$BACKUP_DATAFILE_DETAILSは、リストア可能なデータ・ファイルの情報を示します。これには、バックアップ・セット、イメージ・コピーおよびプロキシ・コピーにバックアップされたすべてのデータ・ファイルが含まれます。

データ型 説明

BTYPE

CHAR(9)

バックアップ・タイプのコンテナ。可能な値は、BACKUPSETIMAGECOPYPROXYCOPY

BTYPE_KEY

NUMBER

バックアップ・タイプの一意の識別子。BACKUPSETの場合は、BS_KEY

SESSION_KEY

NUMBER

セッション識別子

SESSION_RECID

NUMBER

セッションのレコードID

SESSION_STAMP

NUMBER

セッション・スタンプ

ID1

NUMBER

BACKUPSETの場合は、SET_STAMPが含まれる。

IMAGECOPYまたはPROXYCOPYの場合は、制御ファイルのRECIDが含まれる。

ID2

NUMBER

BACKUPSETの場合は、SET_COUNTが含まれる。

IMAGECOPYまたはPROXYCOPYの場合は、STAMPが含まれる。

FILE#

NUMBER

ファイル番号

CREATION_CHANGE#

NUMBER

ファイル作成変更SCN

CREATION_TIME

DATE

ファイル作成時間

RESETLOGS_CHANGE#

NUMBER

リセットログ変更SCN

RESETLOGS_TIME

DATE

リセットログ変更時刻

INCREMENTAL_LEVEL

NUMBER

通常の全体バックアップにはNULL値、レベル0の増分バックアップには0の値、レベル1の増分バックアップには1の値

INCREMENTAL_CHANGE#

NUMBER

増分変更SCN

CHECKPOINT_CHANGE#

NUMBER

チェックポイント変更SCN

CHECKPOINT_TIME

DATE

チェックポイント変更時刻

MARKED_CORRUPT

NUMBER

破損マークが設定されたブロック数

FILESIZE

NUMBER

バイト単位のファイル・サイズ

COMPRESSION_RATIO

NUMBER

データファイル内のブロックの合計数とRMANがバックアップしたブロックの比率。これはBACKUPコマンドのAS COMPRESSED BACKUPSET句からの比率ではない

SPARSE_BACKUP脚注 1

VARCHAR2(3)

ファイルがスパースかどうか(YES | NO)

TS#

NUMBER

表領域番号

TSNAME

VARCHAR2(30)

表領域名

FILESIZE_DISPLAY

VARCHAR2(4000)

FILESIZE列と同じ値だが、nM、nG、nT、nPなどのユーザー表示可能な形式に変換される

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID

脚注 1

この列は、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。